音絵楽otoegaku

アクセスカウンタ

zoom RSS 便りがないのはアートな知らせ。

<<   作成日時 : 2010/03/02 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ずいぶんブログを更新していませんでした
便りがないのは元気な知らせといいますが
私自身の紙版画制作が忙しいときは便りがないと思ってください
お許しを。

この2ヵ月でかなりの展覧会
ギャラリーに行きましたが東京のアートシーンは
かなり変化してきているように感じましたね
作品の内容もさることながらアートインフラのあり方が
多様に見えます。

ウイリアムケントリッジは面白かった
絵描きがただキャンバスに向っている
だけの時代ではないことを改めて感じます
見てもらうという意識意気込み。いい展覧会でした。
全く趣味ではないのですが対照的なルノアール展もみました
まずビックリしたのはケントリッジに比べてのお客さんの多さ
男の人も多かったな・・・。
受ける理由はその分かりやすさだけなのだろうか?

私の中では過去のものは再構築されるものなので
そのままルノアールをいいとは思えなかったのですが
ベルエポック時代の大大成功した作家なので
その空気を知る意味でも興味深いものはありました。
ここでまたシュザンヌ・バラドンの存在を発見。
彼女は芸術家にひらめきを与える時代のキーウーマンですね。
モジリアーニも昨年見ましたがこの時代の
パリを取り巻く環境の濃密さみたいな物は
描かれている女性に表れている気がします。

さて昨日から
銀座のグループ展に参加中
銅版画の研究からスタートしているのですが
かれこれ20年必ず年一回行われています。
it’s展
銅版画・木版画・紙版画・油絵・タピストリー・コラージュ他
銀座渋谷画廊
2010年3月1日から7日
AM11:00〜PM6:30(最終日5:00)
3月1日オープニングパーティー
安藤二葉・池田忠利・稲美恵七・上田暁・宇治佐和子・片岡みい子
勝又ひさ子・菊池薫・ツツミエミコ・西田美穂・橋都浩平・福井照子
米澤伸弥・若山迪子

http://www.jade.dti.ne.jp/~jga/sibuya/0-1.html















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなか展示に伺えなくて悔しい思いです…ぜひまたお知らせしてください!!

ルノアール、私も行っておこうかな。日本人は好きですよね。わかりやすいものは音楽でも絵画でも受け入れられやすいものですね。純粋にきれいだな、と思えるのはよいことだとも思います。絵画の鑑賞にみんながなにを求めているか、なのかな。
k.a.n.a@giraffe
2010/03/08 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
便りがないのはアートな知らせ。 音絵楽otoegaku/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる