「やっぺし祭り」2000人の来場者。

5月29日震災以来の大船渡での大きなイベントとなる
やっぺし祭りが開催。雨模様が危ぶめれるなか2000人もの来場者で全国放送でも紹介されていた。
画像

画像


前日沿岸の瓦礫の街を見に行き
復興し始めている津波に会わなかった地域とのギャップに驚いた。
海岸線を見なければ一見もとの生活を取り戻したかに見える街
でもその生活状態の差は人それぞれ家族ごとに大きい。
今回のお祭りで避難所にいる人も自宅にいる人も一同に会し
久々に会話をしている様子があちらこちらで見受けられた。
この温度差のある日常には人々それぞれの
コミュニケーションが必要だ。避難所にいてもいなくてもそれぞれの思いはみんな被災している
こんな時祭りや花見や盆踊りといった日本ならではの行事が人の心をつなげる役割を果たしてくれる。
数年前に復活したという伝承の「鹿踊り」が象徴的だった。
海の神を天に納め復興へと導くにふさわしい素晴らしいものだった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック