テーマ:アーティストへの質問状

ターニングポイント1957。野沢二郎の始まり 

さらに質問は続く。 Q ミュージシャンとのアイコンタクトは慣れましたか? ミュージシャンとの信頼関係はペインティングに必要でしょうか? A 演奏とともに制作するというケースは初めてだったし、 この先やることも想定していませんので、アイコンタクトは最初で最後かな? ただ、この1年の森さんとの関わり(酒飲みも含めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢二郎氏への質問。「絵画の思索」

これが始まりの色 26日の野沢二郎個展オープニング前の予習。 やはり抽象絵画は何の予備知識もなく突然見ただけでは 分かりづらい分部がどうしてもある。 これは現代アート全般に言えることかもしれないが その絵に込められたストーリーを聞いてしまうと 見る見るその作品に引き寄せられることがある。 今回の野沢二郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢氏からの回答。

そうは書いてみたけど、明確には答えられそうになくて・・・。 ゴッホにしてもゴーギャンにしても。ピカソにしてもマチスにしても。 カンディンスキーにしてもモンドリアンにしても。 みんな違っていて、十把一絡げに捉える事はやっぱり難しいな~。 ただ、それでもあの頃の画家たちに共感するところが多いのは、 共通に持っているある種の純粋さか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オト猫から

やーーー。なんか質問が深い深い。 ヤッパリ今回音絵楽がお招きするだけの事はありますね 野沢さんは画家という言葉にすごくふさわしい方で今回の企画も 絵描きさんの絵の描き始まりはどうなっているの? 一回見てみたい!!!!が きっかけです。 そこでちょっと野沢さんに質問 Q改革期の画家達が考えたような事を今考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらにさらに質問は続く野沢→森

森 英記への野沢二郎感想と質問はさらに続く ジャコメッティ!、最近見たのは、葉山の神奈川近美、千葉の川村美術館の巡回 展にも、巡回して見に行きました。あの時は慰められた感じがしたな~。 作品は確かに「極限までそぎ落とした」感じですね。 消えてしまいそうになりながら、それでも残る針金みたいな精神。 彫刻もいいけど油彩もいいん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらに質問はつづく。画家:野沢二郎→森英記

野沢 二郎⇒質問 Q、バラやリンゴを描いた絵を見て「わからない」という人はいませんが、 抽象絵画は、「わからない」といわれます。 Jazzは、抽象絵画みたい、って私は常々思っていますが、 あまり「わからない」っては言われませんよね。何ででしょうね。 森 英記⇒回答 A.リンゴなどの絵画では目に見える形に近い状態を平面に写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森英記氏へのQ&A。

Q ふだんから絵画に興味はありますか?   どんな作品が好きですか A 作品をギャラリーや美術館で見るのは好きです。好きな作品はいっぱいあります。 美術のことを良く知っているわけだはないのでぱっと見ていいな! と思うことがほとんどです。 印象深く覚えている物の一つとしてジャコメッティの作品には衝撃がありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢二郎氏へのQ&A。

Q 現在描かれている抽象絵画表現を描き始めたきっかけは何ですか? A.「反抗」でしょうか。 抽象絵画を描き始めたのは、学生だった20歳の頃です。 開学したばかりの「筑波大学」に入学できたのは良かったのですが、 世間では、文部省(文科省)、中教審、の言いなりの大学、などと言われていて、 ちょっと大学を出ると、いつも肩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オト猫からの質問状。

8月30日まで このブログでは画家野沢二郎氏と musician森英記氏に質問をしながら この二人がライブペインティングに至るまでを ルポしていきますまずはオト猫からの質問です お二人も何か追加のご質問がありましたらどうぞ 往復書公開書簡というのはどうでしょう。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more