テーマ:オトエガクな人

甦る器から未来へ。

昨年11月会津漆の芸術祭から 漆の縁がつながっています。 毎月開催の金継ぎ教室 ご希望の方はお問い合わせください
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音絵楽の輪郭2.版画の場合

オトエガクに欠かせないのは版画の存在。 今までのイベントでも版画のエレメントは実に重要 紙版画という簡単でデリケートな技法がオトエガクの 進行役。 特にト音記号の形をしたオト猫は大活躍。 この猫がアートと日常を結びつける重要な 役目を果たしているのです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音絵楽の輪郭。その1・野沢二郎氏の場合

不思議なことだが 音絵楽を始めた3年前は世の中が 今のような状況になるとは思いもよっらなかった。 何かアートや音楽の活動が狭い中で まとまっているような気がして ジャンルを問わず人やイベントが 交差すればもっともっと気楽に 広がるそんなつもりもあった。 だが、3年という時間と震災という衝撃があって人々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本海パワー・氷見市床鍋お田植えアートと氷見あいやまガーデン

GWの締めくくりに金継ぎのいらはら先生に誘われて 富山県氷見市床鍋のお田植えまつりにむかった。 いらはら先生考案の「お田植え豊作祈願パーオブジェ」が田んぼに登場。 陽気な氷見の市長さんもパーを披露。 そもそも氷見とは2009年に開館した 氷見あいやまガーデンのロゴの制作をしてからとても気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

it's展 がやってきた。

年に一度とはいえ 20年続くグループの展覧会(なんじゃこりゃ?)展 毎回面白いのは あみだくじで最終日にあたつたメンバーが 全員が描かねばならない宿題をだし 一年後に持ち寄るもの。 今回の問題は「パン」 そもそもの作風がパンらしくない人がおおいので 15人15様のパンがおかしい。 ぜひいらしてください。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙版画で一曲。

今日明日アトリエでワークショップやってます。 紙版画のワークショップは今日と明日 気になる方はぜひお問いあわせはこちらまで急にふらっと手ぶらで参加できます。 「送る版画」を封筒に摺ります。 参加費材料費2000円 本郷アトリエにて 13:00から18:00
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割れたから復活していく。金継ぎのこと

先月からはじめた金継ぎ教室のつづき。 この震災から多くのことを学び自分とは何かを考えていく人が多くなっていくだろう。 何が出来るのか?みんなが考えたと思う。考え続けると思う。 今までどおりの日常を 今までよりはテンションをあげて確かに生きていかなければ 心がぽっと明るくなることはこれからも どんどん続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエ登場。秋山祐徳太子さんの佛理貴佛

アトリエにゲスト登場!!!。仏とはありがたい 現代アートの大御所でもある秋山祐徳大子氏に 本郷のツツミエミコ紙版画アトリエにご来場いただいた 不思議なご縁でミステリーツアーの秋山さんが登場。(さすがミステリー) 貴重な作品をアトリエに飾りツアーのお客さまやら 秋山さんの高校(工芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つながる世界。いいぞ!!フィーバス

この画像はANBDでの赤レンガ倉庫前の様子。 手前の妖しげな物体は銃を持っているのはデゴ銃とショータロー19歳 思えば一年前の真夏の画家とライブハウスイベントからのつながりで お付き合いしていたフィーバスがベルギーのレーベルに招かれご機嫌な日本語のラップを披露してきた。 彼らのラップはチャンバラフローと呼ばれヨーロッパの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイルドストロベリーポケモンのサトシと歌う。

アルバム「ぽう」これははじめてオト猫が世に送り出されたアルバム。 http://www.k3.dion.ne.jp/~paw/ ピアニストで作曲家の小笠原純子さんに 今日は六本木ヒルズテレ朝のスタジオにご招待いただきました。 有名アニメの女性声優さん勢ぞろいのイベント 小笠原さんはワイルドストロベリーのメンバーとして …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宴は終わったのか?

オトエガクのストーリーはイベント(宴)が終わってから始まる。 次に何が生み出されるのか イベントから2週間たってみんな何か考えている。 直接まだ話はしていないけれど クリエーターという人たちは 内省する時間と出力の時間が交互にやってきて 表現になるのできっとみんな ああいう特別なことがあったあとは熟成する時間が 必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の浅井憲一展エンディングに乱入。

前にご紹介した北海道の彫刻家浅井憲一さんの個展はついに明日で終了します。 まだの方は是非六本木ストライプハウスギャラリーまで。 http://striped-house.com/now.html 今回森英記氏はオープニング・16日とSAXを持って会場に向った。 鉄は不思議だオープニングの日とまったく違う表情になっている 鉄がど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄の彫刻家浅井憲一さんの個展。

北海道から鉄の彫刻家がやってきました。 かれこれ15年ぐらいのお付き合いの彫刻家 作家として畑を耕しながらの彫刻家生活。 作家の浅井さんは人柄もさすが北海道。開放感のある方です。 奥さまの幸子さんも素晴らしいキャラクターです。 作品だけでなくお二人にあえるのもこの個展の魅力。 鉄の素材感がすばらしい。 真夜中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライブペインティングはブームか?。

ライブペインティングは結構ブーム。 昨日も汐留で何人か2日間で描くをライブしていた。 ちょっと前にミヤザキケンスケさんのお遍路(四国巡礼)の旅 でのスケッチや旅先でのお礼代わりの似顔絵スケッチこれは面白かった。 即興で描くは絵描きにとっては基本。芸は身を助ける。 基本的にどこででも描く。 今日もライブペインティングをしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那須の空気。殻々工房のこと。

那須に行くのは久しぶり。野沢二郎さんの個展も5年ぶりとか・・・。 那須はここ6・7年でレストラン・カフェなど いわゆる温泉地ではないムードの 場所が数多く出現してきているらしい。 殻々工房もそんなこだわりのお店としてスタート 実にお料理がおいしくファンが沢山いる。 今回も超満員。まさに音絵楽の「楽」な空間。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢二郎展+SAX

ギャラリーにもっと生演奏を。 今回は銀座ギャラリーコバヤシで行われていた 野沢二郎展に森英記がSAXを持っていきました 抽象的な油彩画の作品とSAXの共演。 静謐なギャラリー空間にジムノペティーが流れ出すとなにやら作品が ざわざわざわっとうごめく感じがしました。 地下にあるギャラリーコバヤシの音響がさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄の彫刻家浅井憲一さんと色鉛筆の達人浅井幸子さん

そもそも札幌に行く動機になっているのが長年の知り合いのこのお二人 自作のご自宅とアトリエとギャラリーのある敷地で野菜を育てつつ 日々を作家として暮らしているすばらいいお二人です。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~az_asai/ 都会に暮らす私たちから見るとこの広いスペースと自然は憧れでもありますが 現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひときわ色っぽい「む」

坪内祝義展:みたて・かな 日本の文字これもまた再構築されるべきものとかねがね思っていたら、 ついにここにも音絵楽な人(勝手に)を発見。 坪内祝義(つぼうちときよし)さんは 数々のデザインを手がける著名な アートディレクター。 大人の「粋な」遊び感覚のある 素敵な方。 展覧会では「お」「ふふふ」「ぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「即興演奏ってどうやるの」

MeltingKiss demoDVD SPEAKS MeltingKiss のLIVEからあっと言う間に一週間 実に中身の濃い時間でした いらしてくださったお客様との歓談が実に すばらしかった。皆さんすごい いらしてくださったあおぞら音楽社という出版社の社長さん から「即興音楽ってどうやるの」という 本をおくって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more