テーマ:アート

真夏のフェス。還暦から始めようぜ!!

音楽があって絵画があれば日常のテンションががらっと変わる 還暦をよってたかって勝手に祝う。 それ以上でもそれ以下でもない そんな場面を音楽とアートで盛り上げてみる企画。 どなたでもご参加いただけます。 https://www.facebook.com/events/499574970208788/ 昔の人は年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音絵楽の輪郭2.版画の場合

オトエガクに欠かせないのは版画の存在。 今までのイベントでも版画のエレメントは実に重要 紙版画という簡単でデリケートな技法がオトエガクの 進行役。 特にト音記号の形をしたオト猫は大活躍。 この猫がアートと日常を結びつける重要な 役目を果たしているのです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音絵楽の輪郭。その1・野沢二郎氏の場合

不思議なことだが 音絵楽を始めた3年前は世の中が 今のような状況になるとは思いもよっらなかった。 何かアートや音楽の活動が狭い中で まとまっているような気がして ジャンルを問わず人やイベントが 交差すればもっともっと気楽に 広がるそんなつもりもあった。 だが、3年という時間と震災という衝撃があって人々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あすは大船渡のやっぺし祭り

14日SSSLIVEは多くのお客様にご来場いただきありがとうございました。 復興は被災地だけのものではなく日本中復興すべきものがたくさんある。 心の復興。 真藤さんの「見えないということ」の話はゆっくり今度書きたい内容でした。 一歩踏み込んでかかわることの必要性が問われているのが今。 相手のためではなく自分のためにも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月14日「封筒の家」もライブに登場。

封筒の家は続続トレードされている 前回のワークショップでも封筒がどんどんチェンジ。 1人1枚がルールなので何枚作っても1枚としか交換はできません。 1枚だけ選ぶときが真剣そのもの唯一の家探し。交換する瞬間に記念写真を撮りました。 見ただけでは誰が建てたか大人なのか子供なのかプロなのかアマチュアなのか分かりません。 純粋な想いだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「封筒の家」大船渡に行く

東京や富山の氷見の子供たち大人お年寄りいろいろな人たちの思いのこもった 100枚あまりの封筒を持って大船渡に向う。 きっかけはワンピース倶楽部の石鍋さんやアーティストの遠藤一郎さんの企画する 第1回大船渡「やっぺし祭り」のアーティストワークショップのお誘いがあったからなのだが 40人以上のアーティストやボラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「封筒の家」続続建設中。

本郷でのワークショップで封筒の家を建て始めてはや2ヶ月 100棟以上の家が建ってきた。 その一つ一つが思いがあってすばらしい。 その思いをもって被災地大船渡に旅立つ日が来た
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「封筒の家」簡単なことからはじめよう。

4月30日5月1日紙版画ワークショップのおしらせ。 月に一度の紙版画アトリエ・ひなたの漆も飾ってますのでぜひいらしてください。 13時から18時まで 今回紙版画では 「封筒の家」をつくりますどこにでも送れる封筒を家にして版画を摺ります。 たくさんの新しい家を作りましょう。家のなかには自立発電しそうなものを摺って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

it's展 がやってきた。

年に一度とはいえ 20年続くグループの展覧会(なんじゃこりゃ?)展 毎回面白いのは あみだくじで最終日にあたつたメンバーが 全員が描かねばならない宿題をだし 一年後に持ち寄るもの。 今回の問題は「パン」 そもそもの作風がパンらしくない人がおおいので 15人15様のパンがおかしい。 ぜひいらしてください。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエ登場。秋山祐徳太子さんの佛理貴佛

アトリエにゲスト登場!!!。仏とはありがたい 現代アートの大御所でもある秋山祐徳大子氏に 本郷のツツミエミコ紙版画アトリエにご来場いただいた 不思議なご縁でミステリーツアーの秋山さんが登場。(さすがミステリー) 貴重な作品をアトリエに飾りツアーのお客さまやら 秋山さんの高校(工芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツミエミコ紙版画アトリエ。ワークショップ2日間

昨日はアトリエで金継ぎ教室第1回が行われた 素晴らしく面白い。今度はLIVE中継してみよう。 漆にかぶれるおそれもなんのその。がんがん漆をつかってしまった。 紙版画のワークショップは今日と明日 気になる方はぜひお問いあわせはこちらまで急にふらっと手ぶらで参加できます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金継ぎの先生・いらはらみつみさん

銀座プランタン6Fで開催中のエコアートプロジェクトに行く。 「eco&art」のテーマで、3名の作家(漆・いらはらみつみ、彫金・塚田尚三、金唐紙・池田和広)からなるグループ展 確かな技術に裏付けられたエコ。 紙コップ・卵のケース・ハンカチに漆を塗る みつみさんの漆はいつも斬新だが 塚田さんの傘の柄を使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つながる世界。いいぞ!!フィーバス

この画像はANBDでの赤レンガ倉庫前の様子。 手前の妖しげな物体は銃を持っているのはデゴ銃とショータロー19歳 思えば一年前の真夏の画家とライブハウスイベントからのつながりで お付き合いしていたフィーバスがベルギーのレーベルに招かれご機嫌な日本語のラップを披露してきた。 彼らのラップはチャンバラフローと呼ばれヨーロッパの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANBDライブアート格闘の20分。

ついにANBD国際展示が始まり 残りあと3日。 19日は予想通りの熱気の嵐。 ANBDのアジア参加アーティストとMeltingkissの まさに一期一会の共演。 ●今回ライブペインティングの国際公式ルール 1・制限時間は20分である  音楽スタートが開始。音楽終了が完成。 2・サイズはベニヤ板一枚分のパネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANBDがまもなく始まります。

はじめて中国に行ってからはや3年。 ANBDの趣旨は今後のアジアに重要な役割を果たしていく アートやデザインや音楽が言語の壁を越えて今後の重要なアジアのつながりをつくっていく。 市民レベルでの交流がますます盛んになるアジアの中にあって わたしたちにアートを通じて何が出来るのか? これからだ。 アジア4都市アーティストが決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音絵楽イベント:真夏の画家とライブハウス

ついに公開。2009・8・30日の真夏の画家とライブハウスイベント映像。 この奇跡が更なる発展を遂げ 2010は拡大!!!! ANBDアジアネットワークビヨンドデザイン展2010のオープニング デアジア4ヶ国のアーティストのライブペインティングに発展します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漆と紙版画。アトリエ展

夏の涼しいお菓子三原堂で買いました。 今回も品のよい?!アトリエ展示新作の瓢箪徳利 ひなたの漆も紙版画も新しいおウチに旅立ち今夜は ご家庭の宴をにぎわしていると思うとうれしい。 ありがとうございます。 アトリエから作品が旅立って日常に ちょっとゆったりした時間を感じていただける機会があることが たのしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月9日のLIVEは見逃せない。

音絵楽な演奏会8月9日面白くなってきました。 今回ゲストは現代アート作家のセサミスペース(人の名前です)さん http://www.sesamespace.net/ ビックリ映像を今回のテーマBirthdayLive獅子座に捧ぐに向けて 編集してくれます。VJのHIROSHIも映像編集中 今回はバンドの演奏とは別にコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライブペインティング考。六本木クロッシング

5月31日のライブは多くのアーティストも 感心をもっていらしてくださった。 「どうですか?ライブで絵を描いていただけないでしょうか?」と矛先をむけると。いやーとてもとてもと言う返事 描きそうもない人に矛先をわざと向けて言っているのだから 無理はない。 たとえば静謐さ漂う日本画家とか・・ アカデミックな精密描写の油彩画家とか・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAZZに漆。

漆の時計のNEWバージョンを作りました まだ試作ですが 版画を印刷した厚い和紙をもう一度カッティングして タップリ漆を塗ってもらいました。制作は漆器のひなたさん MusicBirdもついに漆器に・・・・ やはり一番塗ってもらいたいのは楽器です。 音のためにはかなりいいらしい・・・。 ギターやベースは漆がそもそも拭いてある物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動く版画。VJ絵画

31日のLIVEはいかがでしたでしょうか? 思えば森さんと佐藤さんにはいくたびムリムリで 絵を見ながらの版画LIVEをお願いしたことか・・・・。 今回VJの9630HIROSIさんのおかげで 更なる視界がひろがってきた。 コンサートホールでは当たり前のVJプレーだが たいがいはミュージシャン主体。 そこをあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿修羅像から旅立つ日常。ひなたの漆

いつもアトリエに漆器を飾ってくれている日向龍さんの 作品展示が青山の 桃林堂http://www.tourindou100.jp/tenpo/toukyou_tenpo/t_garally_info.htmlで 開催される。5月18日から23日まで。 新作多数を携えての意欲的な展覧会だ 昨年世界一の美術展動員数を誇ったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツミエミコ紙版画アトリエ

音絵楽のサテライトともいえるアトリエ展を昨年末から月に一度始めました いつどこで?はこちらへお問い合わせください。 毎月のレギュラーは 1.ツツミエミコ紙版画(制作経過展示) 2.「ひなた」の漆器 3.スパルタ版画ワークショップです なんといってもアトリエですから訪れる人によって ガラッと感じが変わってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢二郎×Meltingkiss×フィーバスのヒップホップ

いよいよ明日はレコ発LIVE 明日はフィーバスとMeltingkissがはじめてコラボするらしい。 フィーバスのラツプをはじめて聞いたのはこの夏のLIVE ビジュアルとの距離がものすごく近い感性を持っていることに驚いた。 hip hop四大要素はラップ、DJ、ブレイクダンス、グラフィティ らしいが オトエガクは・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金属のオタマジャクシ?

銀座ギャラリー山口の友常みゆきさんの個展に伺う 今回真夏の画家とライブハウスイベントで知りあった アーティスト若い女性なのに大きな金属を打ち出して 意欲的に作品を作っている。 音絵楽で今度は楽器を作ってもらおう!!! ギャラリー山口 今日まで http://galleryyamaguchi.dtiblog.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアの共感・アイ・ウェイ・ウェイ展

森美術館またまた駆け込みで アイ・ウェイ・ウェイ展を見に行く。 あの北京オリンピックの鳥の巣のコンセプトを作った人だ 森美術館には教育プログラムでは よくお世話になっている。 地道に着々と現代アートを根付かせ美術館のイメージを変えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終日。

野沢さんの作品展も今日で終わり。 今週はかなり多くのアートイベントが行われていて 面白いものも多かった 今日最終日はエンディングに4時から森英記氏の演奏。 コバヤシ画廊にて。 このあとにどう続くかが楽しみ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽のちからと絵画のことば

昨日のオープニングはとても楽しいものでした。 演奏もお客さんもノリノリムード。 今回の夏の完結ともいえる野沢氏の一連の作品群やはり強烈でした。 31日まで 銀座コバヤシ画廊 11:30~19:00 http://www.gallerykobayashi.jp/ とにかく足を運んでみてください そこに音楽はあるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルエキセントリック

加藤和彦さんの訃報を聞いて なにかちょっと色々ものすごく高速で回想した。 1980年代が結構私に影響を与えたのかな?。 と、今まで意識していなかったこと。 ベルエキセントリックというアルバムが とても印象に残っている。画家の金子國義 さんのジャケット。 アルバムの最後の曲は坂本龍一さんのソロのジュ・トゥ・ヴ。 このとき初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢二郎個展2009。ついに完成!!

あの作品が公開される。 野沢二郎個展 across the water surface 10月26日(月)~31日(土)午前11時30分~午後7時まで(最終日午後5時閉廊) 真夏の画家とライブハウスイベントから2ヶ月を経て あの絵画の始まりの完結が コバヤシ画廊(銀座)で公開される。 今回改めて驚くのは この2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more